【2020年度 優秀賞】株式会社Unlimited door 上村友紀さんインタビュー

中小企業やクリニック、飲食店において環境整備(掃除を20分)行う規律を作成、社内を整理し、良い環境と習慣を維持し、会社の体質改善をする仕事をしています。

きっかけは、整理で入らせて頂いている会社の社長の苦しそうな表情と声を聞いてからです。頭から離れなくなり、気になって色々考えた結果、会社を変えるには社長だけでなく的確に社員の意識を改革することが重要だと痛感しました。

ただ頭ごなしに指導やカウンセリングをするだけでは変化も分かりづらい上に、人は弱い生き物だから、毎日の仕事や習慣が変化していないと元に戻ってしまう可能性が高いです。

個人事業主として開業した当初は、住居の片付けや整理収納をメインサービスとしておりましたが、もっと効率良く「物を持たない暮らし、物に振り回されない心」の為に片付けることの重要性を伝えたいと思うようになりました。

私は「一人一人の人生の質の向上、幸せを感じる人生の為に物の整理を通して、心、身体、あり方を整える」という思いで、その為に最善を尽くすことを根底に持ちこの仕事をしておりますので、組織改善を通して、より効果的に広がっていくと信じています。「環境整備を無印良品で」で日本全国に浸透、世界を目指します。

ーコンテストに参加しようと思ったきっかけは?

個人事業主から法人化を考えていた時に、司法書士の先生から西東京市で開催している創業スクールを教えて頂きました。その創業スクールに参加し、今度はビジネスプランコンテストがあることを知りました。

創業スクールでは、事業計画や経営理念について学び・考え、ビジネスプランについての発表の場がありました。発表してみて、もっとブラッシュアップが必要だと痛感したことと、まだ世の中にないビジネスが自分以外の方々にどう映るのか、改善するべきポイントをできる限り早く知りたいと思い、コンテストに応募することを決めました。

あと、賞金も欲しかったからです(笑)

ービジネスプランコンテストに参加して、得られたものは何ですか?  苦労した点についても教えてください。

創業スクールでもプレゼンの場はありましたが、コンテストは市報にも掲載されたり、youtubeで配信されることが決まっていました。プレゼンの機会が与えられたのなら、自分にとって後悔のないように、プランをしっかり作り込み、伝える必要があります。

私は自分だけの約束だとなかなか取りかからないのですが、コンテストということで、日にちが決まっていて、映像を撮って配信して頂けるということで、自分を追い込んでプランに向き合い、準備をすることができました。視聴頂いた方に必要なサービスを提供させて頂くきっかけになるかもしれないと思うと、照準を合わせて意識を高めていくことができました。

参加後は、自分の仕事のことがもっと大好きになり、自信を持てるようになりました。

苦労した点、、、
プラン応募してからプレゼン当日までに3か月の時間があったので、自分自信の意識が変化していたことで、審査員の方々から頂いたご質問の返答に少し困りました。
プラン提出時はまだ練り込み方が足りなかったと思います。

裏をかえせば、コンテスト参加を通して、プレゼン当日までにたくさん考え、事業計画をブラッシュアップでき、得られたものが大きかったと思います。

もちろんまだまだここからブラッシュアップと成長をしていきます。

ーこれから第一歩を踏み出す方へメッセージを!

出来るか、出来ないかではなく「やりたいか、やりたくないか」で決めて一歩踏み出しましょう。 歩き出したら道が見えてきます。ご自身を信じて踏み出してください!

雲の中に入るような時もありますが、とても楽しいです!!

ー株式会社Unlimited door について

会社の体質改善にご興味のある会社様、お気軽にお問い合わせください。
【HP】https://www.unlimited-door.com

MENU
PAGE TOP