◆受賞プラン名
徹底的に結果にフォーカス!
「子連れで通える産後ママの体型リカバリ&美ボディ獲得サポート」

私が行う事業 “PILATES WELLBEING Mplus”(ピラティス ウェルビーング エムプラス)が発信していきたいのは、健康で美しいママを増やすことです。

私は若い頃から様々な身体の悩みを抱え、体型にもコンプレックスを持っていました。

自らが産後ダイエットを実践し、徹底的に身体と向き合う中で、『周産期から子育て期にかけての数年間は、女性の身体の変化を左右するとても大切な時期』であることや、『そこにポイントとなる身体のメカニズムのがある』ことを学びました。

さらに事業立ち上げのフィジビリティスタディの中で、産後数年間、多くの女性は子供に意識が集中するため、「自分への投資」が難しいことも分かりました。私の事業は、「忙しいママでも無理なく取り組め、かつ確実に成果が得られるプログラム(=仕組み)」がコアコンピタンスです。その先に、経営の理念として掲げる、あらゆる女性のWELLBEING-LIFE(健康的で幸せな生活)に寄り添う企業の姿を実現したいと考えています。

ーコンテストに参加しようと思ったきっかけは?

西東京市主催の「ハンサム・ママプロジェクト」に参加しながら、起業や経営について学ぶ中で、プロジェクトコーディネーターの先生から、コンテストへの参加を勧められたのがきっかけでした。

事業を安定して続けていく為に、将来性のある事業計画書作りが必要と考えていたところでしたので、迷いなく参加を決めました。参加の半年間、事業のコアとなる商品作り・メインターゲットの絞り込み・数字の見える化に真剣に取り組みたいと考えました。

コンテスト審査期間中に、連携事業である西東京市創業支援・経営革新相談センター主催の「創業スクール」が並行実施していたので、こちらも参加しました。創業に関する知識をより深められたと思います。

ービジネスプランコンテストに参加して、得られたものは何ですか?

自分の事業に向き合う時間を作ることができたことです。

コンテスト応募前は、仕事と家庭業に追われ、自分の事業について考えることをついつい後回しにしてきました。しかし参加を決めてからは、コンテストの応募書類を作成する作業量を考え、面談の日程を確保し、その日に向けて時間割を考えて行動しました。

サポートの先生に面談して頂く毎に、課題が見つかり、検討・修正を繰り返すうちに、ビジネスプランが固まり具体的な書類作成ができました。

自分の事業を色々な立場の方に客観的に評価をいただくために、色々な角度で事業を見直し、整理するきっかけになりました。資金調達・収益計画・集客方法など弱かった面の強化にも繋がりましたし、事業に関するビジョンや事業の進め方・将来像を一貫性を持って人に説明するための実践的な場となりました。

自分では『中長期的なビジネスプランをハッキリと持っている』つもりでしたが、表現しようとすると、実は漠然としていていることにも気が付きました。プレゼンの準備する段階で、図解をしたり、言い回しを変えたり工夫をすることで、事業の輪郭がハッキリとしたことも、今後の展開に大きく繋がるように思います。

さらにコンテストに出たことで、西東京市が取り組んでいる様々な政策やサポートの内容を知ることができましたのも収穫でした。事務局や西東京市職員の方々、審査員の方々と面識を持つことで、相談しやすい関係作りができました。金融関係の方々からも資金計画・売上計画の的確なアドバイスを受け、今後の融資の相談に行きやすくなったこともよかった点です。

ーコンテストに参加して、苦労した点についても教えてください。

応募書類の作成からステップを踏む毎に、沢山考えることがありました。

いざ、事業計画の作成となると、やりたいことを沢山盛り込みすぎて、一体何が主軸のビジネスなのかが不明確になり、「これだけの内容を、家事育児をしながら本当にやっていけますか?」というサポーターの先生からのご指摘を受けたことが思い返されます。今思えば、自分でも疑問がわくような内容でした。

そこから、主軸商品とターゲットの絞り込み、集客導線について考えるようになりました。そのビジネスプランを分かりやすく伝える為にイラストやグラフ・表などで書類をまとめる作業も大変でした。

2次審査からはプレゼン発表でしたが、伝えたいことは沢山ある中、審査基準を意識した説明を制限時間内に発表することもとても苦労しました。

ーこれから第一歩を踏み出す方へメッセージを!

私は3年ほど前から自分の働き方について考えるようになりましたが、娘も小さく、時間の確保が難しく何度も壁にぶつかりました。子育てと事業の両立は出来ないと感じることもありました。

『やりたいこと』『やらなければならない事』が山のように降りかかってきます。常に焦燥感がつきまといますが、自らの目標に向けて今出来ることを積み上げて行けば、必ずたどり着けると信じています。

『子育ても妥協したくないし、自分らしい働き方も捨てたくない』そんな方は、是非、西東京市が行っている「ハンサム・ママ事業」や「西東京市創業支援・経営革新相談センター」に足を運ばれてみてください。多くの発見や刺激、協力を得られると思います。

自分と境遇が近い、沢山の方々との出会えることも魅力です。共に悩みを共有したり、癒されたりしたからこそ、困難を乗り越えてこられたと思っています。

もちろん、コンテストへの参加も強くお勧めします。
準備期間はそれなりに大変ですが(笑)、沢山のプロフェッショナルから自分の事業に対するアドバイスを得られますよ!

PILATES WELLBEING Mplus(ピラティス ウェルビーング エムプラス)について

【HP・ブログ】https://ameblo.jp/pilates-mikkoplus/